シルデナフィルは世界的にも人気のED治療薬バイアグラの主成分にもなっています。ED(勃起不全)の悩みは多くは治療薬で改善することができますので、シルデナフィル以外のさまざまな治療薬についても知っておきましょう。勃起に衰えを感じたら、性行為に満足できていない方はED治療薬で解決してみませんか?ぜひ参考にして下さい。

【目次】

女性用のバイアグラ、「ラブグラ」について

女性用バイアグラとして開発されたラブグラは、性機能障害や不感症に効果が期待できるジェネリック医薬品です。
このラブグラには、生殖器抑制酵素という性的刺激などを抑える酵素の分泌を阻害する成分が配合されています。
また、女性器周辺の筋肉を緩やかにしてその周辺の血管を拡張することで性的刺激を受けやすくするものも含まれています。
この2つのはたらきを助けるシルデナフィルクエン酸は、この女性用バイアグラには欠かせない有効成分です。
この医薬品は、性欲を上げる作用はありませんが、性的な刺激を受けやすくなり分泌液の量がふえて痛みを軽減させることができますので、パートナーとの仲を改善させたい方に有効です。

ラブグラの副作用としては、頭痛やほてり、鼻づまり、めまい、動悸、胃もたれなどの症状が報告されています。
このバイアグラは、腸から吸収されますので性行為の約1時間前に水またはぬるま湯で空腹時に服用することが推奨されています。
そして、食事やアルコールに影響されやすいので食後は効果が半減する場合もありますので、正しい服用方法を守って使用する必要があります。

特に高脂肪の食事をした後は、効き目が感じられない事があります。
この医薬品を飲むと個人差はありますが、約5時間程度は何度でも性行為を行うことができるといわれています。
ですから、使用の際には1日100mgを上限として続けて飲むことは避ける事が大切です。

さらに、併用してはいけないお薬もあります。例えば、ニトログリセリンなどの硝酸剤や不整脈に使われているアンカロン錠はラブグラとの併用が禁止されています。
このような薬品以外には、効果の持続時間を減少させてしまうアルコールや効き目を極端に増強してしまう恐れがあるカフェインと一緒に飲まないようにしなければなりません。
保管方法は、直射日光の当たらない湿度が低い涼しい場所で、誤飲を防ぐためにも子どもやペットの手の届かない場所に置くことが大切です。

不感症とはどのような症状?

不感症とはどのような症状なのか理解している人は少ないのではないでしょうか。
不感症の症状は大きく分けると性嫌悪症・性興奮障害・性交痛障害・オーガズム障害の4つがあります。

性嫌悪症で悩んでいる女性はたくさんいて年々増えてきています。
これに当てはまる人は性行為が嫌いな人やパートナーとセックスレスの人などです。
こういった人達は過去にトラウマがあり性行為を汚いと感じてしまうのです。ですが、性行為が嫌いなだけで性欲はあります。

性興奮障害は生理的なものが原因で膣が濡れなかったり性行為が痛かったりします。
挿入中の痛みが辛く性行為を拒むようになってしまうのです。
性交痛障害は挿入時に激しい痛みや陰部に触るだけで痛いを感じてしまいます。
これは指を入れることもできないほどの痛みです。

オーガズム障害は性行為でオーガズムを感じたことがない人や自慰行為だと感じる人などです。
パートナーに対して気を使いすぎている人に多い特徴があります。

不感症の治療には女性用バイアグラが効果を期待出来ます。ですので、女性用バイアグラとして開発されたラブグラを服用すると良いでしょう。
ラブグラの有効成分のシルデナフィルクエン酸は重要なはたらきをしてくれます。正しい服用方法を守って使用すれば効果を最大限に引き出せるでしょう。

ラブグラには副作用もあります、皮膚発疹などのアレルギー症状や顔のほてり、血管拡張作用による頭痛や動悸、血圧低下によるめまいや消化不良などです。
この他にも鼻づまりや視覚異常・不眠や下痢などがあります。

ラブグラを正しく服用すれば性行為で感じられるようになるでしょう。
そうなれば、パートナーとの仲を改善されることができます。

関連記事