シルデナフィルは世界的にも人気のED治療薬バイアグラの主成分にもなっています。ED(勃起不全)の悩みは多くは治療薬で改善することができますので、シルデナフィル以外のさまざまな治療薬についても知っておきましょう。勃起に衰えを感じたら、性行為に満足できていない方はED治療薬で解決してみませんか?ぜひ参考にして下さい。

【目次】

勃起が持続できなくなる原因とその対策

勃起は血液が陰茎動脈からペニスにある海綿体に流れ込むことによって起こります。
このときに血管の内側にある細胞から一酸化窒素が分泌されて持続されるのです。
ところが血管が年齢を重ねることによって衰えて動脈硬化の症状が進んでしまうと血管が縮まってしまい血液の流れが悪くなってしまいます。
そして血管の内側にある細胞からあまり一酸化窒素が分泌されなくなり持続力が低下してしまうという訳です。

動脈硬化になってしまう原因は年齢を重ねることだけでなく他にも高血圧や高脂血症、喫煙、ストレスなど幾つもの原因が重なることによって進んでいきます。
そして身体の中で活性酸素が多くなると血管が衰えやすくなり動脈硬化を発症する危険性が高まることになるのです。
そのため動脈硬化により血管の衰えが進んでしまうと勃起が持続しにくくなります。

男性ホルモンのおよそ9割以上を占めているテストステロンには精子を生成したり性欲を高めたりする作用があります。
筋肉を増強させるなど男性としての機能を維持するために欠かせないホルモンです。
そして勃起を促進させる一酸化窒素の分泌にも関与しているので勃起を持続させるためにも必須となります。

ところがテストステロンは年齢を重ねるのに伴って分泌する量が少なくなるので性欲が低下したり勃起が持続しにくくなったりといった影響が及ぼされるのです。
疲労がなかなか回復しにくくなるので体力の面でも持続力が衰えてしまいます。
過剰なストレスがかかるとテストステロンの分泌量に大きな影響を及ぼすしてしまうことが分かっているため私生活や仕事でストレスを抱えている人はテストステロンの分泌量が減少している可能性が高いです。

また栄養バランスが偏った食事を摂る生活習慣も良くありません。
脂質や塩分が多い食事を摂ったり食べる量が多過ぎるなどといった生活習慣を繰り返していると動脈硬化の症状を促すので血管が縮み勃起が持続しなくなる原因になってしまいます。

体調を整える正しい生活習慣とは?

亜鉛は精子や男性ホルモンを生成する男性としての機能を高めるために必須なミネラルの1つです。
亜鉛が足りなくなってしまうと勃起が持続しにくくなったり男性ホルモンがあまり分泌されなくなったりするので対策として積極的に亜鉛が豊富に含まれている食材を摂取する食生活を送る習慣づけをする必要があります。
食品から摂取するのが難しい場合は亜鉛が豊富に配合された精力剤を活用するのがおすすめです。

また勃起を持続する効果を得ることを期待できる精力剤の成分として挙げられるのは亜鉛の他にもアルギニンやシトルリンなどが挙げられます。
精力剤の成分表を見て有効成分が豊富に配合されているかどうかを良く確認することが必要です。

また運動を行う生活習慣がないと内転筋や骨盤底筋など股関節の周りの筋肉が衰えてしいます。
陰茎の根元をこれらの筋肉が支えているので筋肉が衰えてしまうと勃起が持続しにくくなるのです。
対策として内転筋や骨盤底筋の筋肉を鍛える運動をするのであればワイドスクワットを生活習慣に取り入れるのが適しています。
ワイドスクワットを行うと股関節の周りに加えて下半身と上半身を繋いでいる大腰筋を鍛えることも可能です。

煙草には色々な害がある成分を含んでいるのでペニスの血管の内側にある細胞を損傷させ勃起が持続する働きを妨げる原因になってしまいます。
また煙草に含まれているニコチンは血管を縮める働きがあり勃起を持続させる作用にも悪い影響を及ぼしてしまうのです。
ですので対策としては禁煙をするのが望ましいのですが、なかなか実現できないといった場合は禁煙外来のお医者さんに相談するのも良い方法の1つとなります。

勃起を持続させるのに必要となる男性ホルモンは眠っているときに最も多く分泌されるため睡眠時間が足りなくなると成長ホルモンや男性ホルモンがあまり分泌されなくなり勃起力が衰えてしまう原因となってしまいます。
そのため生活習慣を改め睡眠時間を充分に確保することが重要です。

関連記事