シルデナフィルは世界的にも人気のED治療薬バイアグラの主成分にもなっています。ED(勃起不全)の悩みは多くは治療薬で改善することができますので、シルデナフィル以外のさまざまな治療薬についても知っておきましょう。勃起に衰えを感じたら、性行為に満足できていない方はED治療薬で解決してみませんか?ぜひ参考にして下さい。

【目次】

レビトラは3大ED治療薬の1つと言われている

ED症状に悩む男性にとって、服用することでED症状を改善できる治療薬は非常に心強い存在です。
世界中で数多くの愛用者を誇る3大ED治療薬というものがありますが、その中でも特に高い人気を集めているのがレビトラという薬です。

レビトラは2番目のED治療薬としてドイツで開発された薬で、日本でも2004年に認可されました。
世界で初めて開発されたED治療薬の欠点を改善した新しい薬として注目を集め、発売されるやいなや世界中で多くの支持を集めています。

レビトラを服用することで、血管の拡張を阻害する特殊な酵素の働きを邪魔することが主な働きです。
これにより血管の拡張が保たれ、十分な血液が男性器に届くことでスムーズな勃起が可能になります。
効果はあくまでも血管の拡張を助けるものなので、レビトラを服用すれば無条件で勃起できるというわけではありません。
勃起するには性的刺激や興奮が必要不可欠になるので、きちんとシチュエーションを整えておく必要もあります。

効果の持続時間は有効成分の配合量や体質によっても異なりますが、10mg配合タイプは5時間から6時間、20mg配合タイプは最長で10時間まで持続させることができます。
即効性と持続性のバランスが良い優秀なED治療薬ですが、頭痛や吐き気などの副作用が現れることもあるので注意が必要です。
初めて服用する人は副作用が心配なので、必ず医師の指導を受けつつ試すようにしましょう。

レビトラ最大の特徴は、服用してから効果が現れるまでの時間が非常に速いという点です。
用法や用量を守って正しく服用した場合、約20分ほどで効果を実感することができます。
他のED治療薬より格段に即効性が高いので、急に性行為をすることになっても慌てる必要がありません。
さらに、レビトラには食事の影響を受けにくいという特徴もあります。
これはED治療薬としては画期的なメリットなので、詳しい内容を知って役立てていきましょう。

レビトラは食事の影響を受け辛いのが長所

一般的に、ED治療薬を服用するなら空腹時が良いとされています。
食事を摂った後に服用すると有効成分が効率よく吸収されず、せっかくのED改善効果が得られない可能性が高いためです。
特に脂っこい食事を摂ると油分が胃や腸に膜を張ってしまい、ED治療薬の成分が吸収されにくくなってしまいます。

いくらEDを改善するためとは言え、デートで食事を抜いたり服用するタイミングとの兼ね合いを考えるのは難しいものです。
この問題点を解消したのがレビトラで、従来のED治療薬と比べて食事の影響を受けにくいという特徴を持っています。
もちろん全く影響を受けないわけではなく、あくまでも影響されにくいということなので注意が必要です。

具体的に言うと、摂取する総カロリーに占める脂肪の割合が3割以下という条件を満たした食事であれば、基本的には効果に影響は出ないとされています。
一般男性の食事の平均的な摂取カロリーは約700キロカロリーとされているので、210キロカロリー分の脂肪分であれば食べても構わないことになります。

例えば醤油ラーメンを例に考えてみると、カロリーが約450キロカロリーで、脂肪分は約6グラムです。
脂肪1グラムあたり約9キロカロリーあるので、醤油ラーメン全体の脂肪分は約54キロカロリー、割合にすると約12%です。
つまり脂肪の割合が30%以下となるため、レビトラ服用前に食べても問題ないと言えます。

このように、一定の条件下ではありますが、食事のことをあまり気にしなくて良いというのは使い勝手も良くストレスも無いので非常に便利です。
即効性の高さに加えて使い勝手の良さもあるため、ED治療薬の中でも特に高い支持を集めていると言えます。

関連記事