シルデナフィルは世界的にも人気のED治療薬バイアグラの主成分にもなっています。ED(勃起不全)の悩みは多くは治療薬で改善することができますので、シルデナフィル以外のさまざまな治療薬についても知っておきましょう。勃起に衰えを感じたら、性行為に満足できていない方はED治療薬で解決してみませんか?ぜひ参考にして下さい。

【目次】

シルデナフィルは食事の影響を受けやすいのが欠点

多くのED治療薬にもちいられているシルデナフィルは、食事の影響を受けやすいのが欠点であるといわれています。
シルデナフィルが含まれている治療薬の服用方法は、食前の空腹時に服用するものです。
食べ物などが胃の中に入っている時に服用してしまうと消化吸収を妨げることとなり、本来の効果を発揮できなくなってしまいます。
またそれどころか副作用が大きくなる可能性もあるので十分な注意が必要です。

空腹時に飲むことで効果が感じられますが、同時に副作用も強く感じるケースが見られます。
シルデナフィルの副作用として多くみられるのが頭痛です。
頭痛を抑えるために市販の頭痛薬を併用することは特に問題はありませんが、シルデナフィルは空腹時に飲むものであり、頭痛薬は食後に飲むものです。
そのため頭痛薬を空腹時に飲んでしまうと、胃に負担がかかり吐き気や嘔吐などを引き起こす可能性もあるので、頭痛薬を飲む場合には胃薬と一緒に飲むようにしましょう。

もしも服用する前に食事に行く場合には、食事の量も腹7分目でとどめておいた方がよいでしょう。
おなかいっぱいに食事をしてしまうと消化に時間がかかることとなり、シルデナフィルを上手に吸収できない可能性が上がります。
食事をするのであればその後2時間ほどたってから服用する必要があるでしょう。

そしてシルデナフィルを服用した後に食事をしたいという場合には、服用後30分から40分ほどあけてから食事をとる必要があります。
シルデナフィルの効果は1時間後から始まるといわれているので、もしもゆっくり食事をする場合には注意が必要です。

また服用する前後に焼き肉などの脂っこい食事をとるのは控えた方がよいでしょう。
脂っこい食事をとると胃が油でコーティングされることとなり、このコーティングされた状態は6時間ほど残るといわれています。
脂っこいものを食べた状態で服用した場合には、効果が薄くなるという報告もなされているので食べ物には十分に注意しましょう。

シルデナフィルを食前・食後で飲んだ場合の効果の違い

シルデナフィルを食事の前に摂取しますと正しい効果を発現します。
胃の中に食事が入っていないため、影響を受けずに元々のポテンシャルが完璧に発揮でき、下半身が短時間でセックスに適したコンディションへと改善していきます。

ペニスが服用後30分程度で勃起していきます。
男性か内に秘めていた本来的な勃起力を引き出し、硬さや太さ、そして持久力の3点を大幅に回復させます。
中折れも食前に服用する事で防止しやすくなります。
セックスの雰囲気を壊してしまう中折れを予防したい男性陣は服用方法を厳守しましょう。

空腹時に摂取するとシルデナフィルの効果はよりスピード感を持って効き始めます。
元々即効性に優れたシルデナフィルですが、待ち時間をより短縮したいと思う方は空腹時を狙って服用すれば、15分から25分程度でペニスの勃起力を高められます。

一方で食後に服用した場合ですが、シルデナフィルは食物に含有する油やお酒に含まれるアルコールに大変弱く、胃の中にそういった物が残っていますと効果が文字通り半減します。
服用したにも関わらず、なかなかペニスの勃起が始まらず待ち時間が一時間以上掛かる可能性大です。

更に効き目がそもそも出なくなる事例も多く、特にお腹いっぱいご飯を食べた後にシルデナフィルを服用すると、効果がほとんど発現せず、EDのリスクが改善されません。

食後に飲みますとペニスが仮に勃起し始めても効果にムラが生まれます。
硬さが食前に飲んだ時よりも不足したり、中折れのリスクが十分に対策出来なかったり、肝心なところでペニスが萎えてしまうなど、医薬品のポテンシャルが完璧に発揮しません。
特段の事情がない限りは食前を選んで飲むのがおすすめです。

関連記事