シルデナフィルは世界的にも人気のED治療薬バイアグラの主成分にもなっています。ED(勃起不全)の悩みは多くは治療薬で改善することができますので、シルデナフィル以外のさまざまな治療薬についても知っておきましょう。勃起に衰えを感じたら、性行為に満足できていない方はED治療薬で解決してみませんか?ぜひ参考にして下さい。

【目次】

シルデナフィルが含まれる薬にはジェネリックもある

シルデナフィルを含むED治療薬には、先発医薬品の他にカマグラなど様々なジェネリック医薬品が存在します。
ジェネリック医薬品にもシルデナフィルが含まれているので効果や副作用などは同じです。
先発医薬品と比較して価格が安いので費用が少なくて済みます。
ED治療は継続的に行われますが、ジェネリック医薬品は経済的な負担を少なくできます。
シルデナフィルを含むジェネリック医薬品には、日本国内で製造されているものと海外で製造されたものがあります。

病院では先発医薬品や国産のジェネリック医薬品を処方してもらうことができます。
日本国内で承認されている先発医薬品には25mgと50mgの錠剤が存在します。
海外では100mgの錠剤も流通しています。国産のジェネリック医薬品は50mgの錠剤です。
カマグラなど海外産のジェネリック医薬品は、主にインドで製造されています。
有効成分は先発医薬品と同じシルデナフィルなので、効果や副作用も同様です。
またインド政府から承認を受けた製薬会社が製造しているので、安全性も優れています。

シルデナフィルには血管を拡張する効果があります。全身の血流が促進されて、海綿体に血液が流入することでペニスが勃起します。
効果の持続時間は用量に関わらず約5時間とされます。
血管が拡張されるので血圧が低下し、副作用としてめまいが生じる場合があります。
また血流の促進により頭痛や鼻づまり、消化不良などの副作用を発症する可能性も存在します。
シルデナフィルを服用した場合、9割以上に軽い副作用が現れます。カマグラなどジェネリック医薬品を服用した場合も同様です。

シルデナフィルは服用してから約30分で効果が現れます。即効性があるため副作用も現れやすいのが特徴です。
ただし副作用は軽いため、基本的に問題なくED治療ができます。
先発医薬品にもカマグラなどのジェネリック医薬品にも、同じ効果があります。ジェネリック医薬品を利用すればより費用を少なくすることができます。

バイアグラとカマグラを使用する場合の費用の比較

先発医薬品を病院で処方してもらう場合には、薬代の他に診察料などが必要です。海外産のジェネリック医薬品を利用すれば、費用が大幅に下がります。
先発医薬品の1錠あたりの価格は25mgが約1300円で、50mgは約1500円と高価です。
国産ジェネリック医薬品を使用する場合でも、50mgの錠剤が1錠あたり約1000円かかります。
先発医薬品は50mgや100mgの錠剤を海外から個人輸入することも可能です。その場合の1錠あたりの価格は50mgが約1400円、100mgは約1500円とされます。

病院で先発医薬品の処方を受けている人が50mgや100mgの錠剤を個人輸入し、ピルカッターで割って使用すれば費用を抑えることができます。
カマグラなどジェネリック医薬品を利用すれば、さらに費用が下がります。
継続的にED治療を行なうならば、海外産のジェネリック医薬品を利用すれば負担が少なくて済みます。
カマグラには錠剤タイプの他にも発泡錠タイプや、ゼリータイプ、チュアブルタイプが存在します。
また早漏を防止するダポキセチンが含まれたタイプもあります。

カマグラの錠剤タイプには50mgと100mgが存在します。発泡錠タイプとゼリータイプ、チュアブルタイプは100mgです。
早漏を防止する成分が含まれたタイプは、シルデナフィル100mgとダポキセチン60mgが含まれています。
比較的価格が安いのは発泡錠タイプとゼリータイプです。1錠もしくは1包あたりの価格は約400円になります。
錠剤タイプは50mgも100mgも約500円です。チュアブルタイプは1錠あたり約600円で購入できます。

シルデナフィルとダポキセチンを含むタイプは1錠あたり約500円です。勃起不全だけでなく早漏も治すことができます。
カマグラなど海外産のジェネリック医薬品を利用すれば、先発医薬品を利用する場合と比較して大幅に費用が下がります。

関連記事