シルデナフィルは世界的にも人気のED治療薬バイアグラの主成分にもなっています。ED(勃起不全)の悩みは多くは治療薬で改善することができますので、シルデナフィル以外のさまざまな治療薬についても知っておきましょう。勃起に衰えを感じたら、性行為に満足できていない方はED治療薬で解決してみませんか?ぜひ参考にして下さい。

【目次】

シルデナフィルは最初は狭心症の薬として開発されましたが、その開発過程で陰茎の勃起を劇的に促進する効果があることが確認されたため、以後は勃起薬として発売されるようになりました。
商品名として有名なのはバイアグラであり、この薬が開発されたことで、それまでEDで悩んでいた男性には画期的な薬として一躍有名になりました。
近年はこのシルデナフィルの特許が切れたためにジェネリック医薬品として成分が同じで価格の安い後発の医薬品も開発されていて、それからしてもED治療薬の先駆的な役割を果たした薬とも言えます。

シルデナフィルは身体へどのように作用する?

シルデナフィルは脳を仲介した血管を拡張させる作用があり、血行不良で起きる様々な疾患の治療薬として使われています。
その中でEDは陰茎にある海綿体の毛細血管に十分な血流が流れないために引き起こされるため、その海綿体への血流量も増幅してくれるのでED治療薬としても使われるようになりました。
この血流不足の原因は、血管の筋肉が硬くなったまま緩まなくなるからです。
血管というのは水のようにただ流れているのではなく、筋肉が収縮することで前方に押し出され、それによって全身を隈なく流れていくのです。
その筋肉の収縮が上手く機能しなければ血流が悪くなるのは仕方ないことであり、この硬くなった筋肉を緩める働きをするのがサイクリックGMPという物質なのです。

このサイクリックGMPは一酸化窒素の助けで血管の筋肉の中で作り出されていくのですが、PDE5という酵素によって分解されてしまって働かなくなります。
つまり血流が悪くなるのはPDE5という酵素がサイクリックGMPを分解したため、硬くなった筋肉が緩まなくなって起きているのです。
シルデナフィルはこのPDE5の酵素活性を阻害する働きがあるため、PDE5の働きを妨げて血流不足によって引き起こされている様々な障害を血流を改善することで治していってくれるのです。
またこのサイクリックGMPは加齢によって減少していることも分かっています。
年齢を重ねると体内で一酸化窒素が作りにくくなるため、一酸化窒素を媒介として造られているサイクリックGMPが少なくなるので、加齢によって血行不良となる原因がここにあります。
そのために加齢が原因でEDとなった人にはシルデナフィルは効果的であると言えます。

ただしこのシルデナフィルは陰茎への血流を増やしてくれるだけであり、性的な欲求を持っていなかったり陰茎自体に物理的な刺激がなければ勃起は起きません。
例え服用によって勃起したとしても時間が経てばその状態は維持していけないという意味であり、持っていなかった性欲を増進させるといった効果もありません。
この薬を性交のために有意義に作用させたいのであれば、ちゃんと性欲を感じてから服用する必要があります。
ED治療薬の服用方法は殆どが性交直前に服用し、その効果が持続できる時間も限られています。
この服用方法を順守し、その治療薬としての効果を十分に得られるように使用して下さい。

バイアグラはシルデナフィルが主成分です

シルデナフィル主成分、バイアグラバイアグラの主成分はシルデナフィルであり、シルデナフィルのPDE5の働きを阻害する効果を利用した勃起不全のための治療薬です。
勃起というのは陰茎にある海綿体の毛細血管に血液が一時的に集まることで起きる男性の性欲現象であり、血液が流れ込まなければ起きません。
ところが人間は加齢によって血管の筋肉の動きが悪くなり、血行不良になりやすくなります。
血液というのは血管の筋肉が縮んだり緩んだりして前方に押し出すことで流れていくのですが、そのためにはサイクリックGMPという物質がなければ縮んだ筋肉を緩めることができません。
年齢を重ねるとこのサイクリックGMPが減少していくため、加齢によってEDとなる男性が増加していく原因となっています。

シルデナフィルはこのサイクリックGMPを分解して血行不良を引き起こす原因物質であるPDE5という酵素の働きを阻害する働きがあります。
PDE5という酵素をサイクリックGMPから離れさせることで正常な働きを促す効果があります。
勃起薬としてシルデナフィルを主成分としているものは、このPDE5という酵素を阻害する働きを利用しています。
バイアグラはシルデナフィルによって勃起が可能になった陰茎の状態を継続させてくれます。
勃起が継続するためには継続して海綿体に血液が流れ続けなければいけません。
本来であれば血行不良で継続できない体質であるのをシルデナフィルの効果で血液の流入を阻害する物質を排除してくれているので、薬の効果がある間は勃起が十分な状態になってくれます。

ただしバイアグラはこのシルデナフィルの成分を活用して勃起不全の治療薬として効果を発揮するのであり、シルデナフィルが効率よく働かなければその効果も十分には得られません。
効果的に、しかも安全にバイアグラを服用してその効能を得ようとするなら、性行為をする一時間前に空腹状態で服用して下さい。
満腹状態では薬が吸収されにくく、効果が出るのが遅くなってしまいます。
飲む時に使用するのは水でよく、脂質を含んでいるような飲料では効果が薄れてしまいます。

また過度にアルコールを摂取した状態で服用すると効果が低くなるだけでなく、勃起そのものの能力も低下します。
効果の持続時間は服用して4~5時間であり、一日に何度も性交渉をしようと時間を置かずに服用する人もいますが、一度服用したら必ず24時間の間隔を空けるようにして下さい。

シルデナフィルに副作用はある?

投薬によって効果が得られるタイプの薬には少なからず副作用があり、このシルデナフィルにも副作用が存在しています。
このシルデナフィルは陰茎の血行不良を改善して勃起不全を治す役割を持っていますが、この血行不良の改善というのは血流を多くしているという意味になります。
そのために副作用としてあるのは、血圧の急激かつ大幅な低下を招いたことによるショック状態となることです。

特に心臓に疾患を持っている人が服用すると最悪の場合は死亡するケースも発生しています。
また血行が急激に良くなるのでめまいや顔の火照り、頭痛も起きる場合があります。

これらは全て血行が短時間で良くなるために頭部の血管が拡張した結果であり、この血管拡張は頭部だけではなく全身のあらゆる場所で発生します。
そのために心臓にも負担を与えて死亡に至る場合もありますが、ここまで重症化するのは稀な例と言えます。
頭以外では鼻の粘膜が充血したことで引き起こされる鼻詰まりや鼻血、消化管が充血したことによる消化不良や胃の痛みを訴える人もいます。
殆どが通常では流れない血液が一時的に増大して流れたことによる結果であり、薬の効果が薄まると同時に改善されていくため、一時的な症状としてそれほど気にする必要はないでしょう。

しかしこれは健康体の人が服用した場合に発症する事例であり、身体のどこかに疾患を持っていたり体調不良であったりすると、そこにシルデナフィルの副作用が加わって重症化することもあるので十分に注意することが必要です。
副作用で一番多いのは頭痛ですが、これは10人に1人程度で発症されるというデータがあります。
時間が経てば軽減されていきますが、あまりに気になるのでしたら抗炎症作用のある鎮痛剤を服用すれば解消することもできます。
他の市販されている頭痛薬でも一定の効果は得られますが、これらの薬は空腹時には使用できません。

それに対してシルデナフィルは空腹でないとその効果が得にくいという特性があるので、シルデナフィルと頭痛薬を併用する時には両方の副作用を考慮して服用量を調整しなければいけません。
血管を拡張するというのは思いもかけないような結果を招く場合があります。
勃起不全の男性にとっては夢のような治療薬であるのは間違いありませんが、それにはリスクも持ち合わせているというのを自覚し、その使用には慎重を期して行って下さい。

関連記事